競技

2016/06/13

SAJ事務局来訪者  アルペンコーチ 安食真治さん

2015-05-07 18.43.29

 

 

 安食真治(あじき まさはる)さんは、昨年6月からオーストリアへコーチ留学、6月11日に帰国した。13日、報告のため来局。

2月に苗場スキー場で行われたワールドカップには、オーストリアのアシスタントコーチとして“来日”している。

 

 「最初はなかなかチームに迎え入れてもらえないで何度もアタックしました。ようやくチームの手伝いをするようになってそれが認められて入り込めるようになりました。幸運にもチームの中のトップチームであるチームヒルシャーのアシスタントコーチとして認めてもらうように なりずっとヒルシャーについて回りました」。世界の“チームヒルシャー”は、8人で編成されており、コーチ、アシスタント(安食)、サービスマン3名(スキー2名・ブーツ1名)、トレーナー、メディア担当、そしてお父さんのアドバイザーというチームで世界を転戦している。

 

「彼と行動を共にしていて気付いたのはトレーニングでは非常にシンプルだということです。基本を忠実に行う、たとえばストックワークなんかも時間をかけて行うんです。すごいでしょう」と語る。選手からコーチに転身、そしてアルペン列強のオーストリアチームで学んできた安食さん。今季から再びジャパンチームのコーチに復帰する予定で、女子チームを担当、長谷川絵美選手に続く若い選手の育成にあたる。コーチ留学で得たものを生かして世界へ飛び出していく選手を育ててもらいたい。