競技

2018/12/06

【お知らせ スキージャンプ】平成31年度A級飛型審判員研修会
及び検定会、マテリアルコントロール説明会の開催について

期日:平成31年2月14日(木)~2月15日(金)

2月14日(木) 14:00~ マテリアルコントロール説明会
15:00~ 研修会(クリニック)
16:00~ 検定会(筆記)
2月15日(日) 9:30~

検定会(実技)

*スペシャルジャンプ1本目で実施

 

会場:【研修会・筆記検定・マテリアルコントロール説明会】

    宮の森ジャンプ競技場 運営本部棟2階

    北海道札幌市中央区宮の森1条18丁目

    TEL 011-642-1972

   【実技検定】

    宮の森ジャンプ競技場(第74回国民体育大会冬季大会ジャンプ会場)

 

講師:【ジャッジ研修・検定】嶺村 裕、井上 隆一

   【マテリアルコントロール】高橋 雅彦   

 

受検資格:B級資格取得後、受検年までの間に飛型審判を5回以上行っている満年齢53歳

     までの者。かつ、所属する加盟団体の推薦を受けている者。

 

申込方法:同封の申込書に必要事項を記入し、加盟団体の印を押印の上、審判員手帳の

     コピー(活動状況を証明できるもの)を添付し参加料を添えて申し込みする

     こと。

 

申込み期限平成31年2月8日(金)SAJ事務局必着

 

参加料:【A級飛型審判員研修会】4,000円

    【A級飛型審判員検定会(上記研修料含む)】6,000円

     (※受検希望者は、検定料6,000円のみお支払い下さい)

    【マテリアルコントロール説明会】無料

 

検定内容:国際競技規則(ICR)400条以降のジャンプ競技の基本的なルールから出題。

     ・実技検定は、第74回国民体育大会冬季大会スペシャルジャンプ競技にて

      実施する。

 

その他:・受検者は、ジャンプ国際競技規則(ICR)を熟知のうえ検定会に臨んでくだ

     さい。

    ・国際競技規則(ICR)はSAJホームページ内競技データバンクに掲載してい

     ます。

    ・国際競技規則(ICR)及び審判手帳を持参してください。

    ・宿泊は、各自でご手配ください。

    ・現地での申込みは受付できませんので、必ず所属加盟団体を通じお申込み

     ください。

    ・国民体育大会にノミネーションされている飛型審判員は必ず、参加申込を

     してください。

 

◆申し込み書