競技

2016/11/14

ワールドカップ本番を前に 竹内択、髙梨ら好調ジャンプ披露

11月25日~26日のワールドカップ本番へ向けてジャンプの全日本スキー選手権大会ラージヒル(11月6日・長野県白馬村)で好調な竹内択、作山憲斗選手(ともに北野建設スキークラブ)がワンツーフィニッシュすれば、葛西紀明選手(土屋ホームスキー部)もまだ減量中ながら3位をキープ、今月末のワールドカップに合わせて順調のようだ。

 

 

④全日本 表彰台

全日本選手権ラージヒルの表彰台。(写真:岩瀬孝文)

①DSC_0828白馬LH竹内2016iwase

飛びなれた台とはいえ地元、竹内択選手がみごと全日本ラージヒルを制した(写真:岩瀬孝文)

②DSC_0821白馬LH作山2016iwase

2位は同じ北野建設SCの作山選手。やはり地元の利を生かして竹内選手のワンツーを飾った。(写真:岩瀬孝文)

③DSC_0834白馬LH葛西2016iwase

まだ減量中で本調子ではないレジェンド葛西選手。しかしそこは貫録で表彰台は外さなかった。(写真:岩瀬孝文)

 

 

 

 一方女子も、同時期に同じ長野県・白馬ジャンプ競技場で開催されたSBC杯では、髙梨沙羅選手(クラレ)が1本目99.5mという圧倒的な飛距離をマークして優勝を飾り、伊藤有希選手(土屋ホームスキー部)も安定したジャンプで2位とこれも好調さをキープしたままシーズンインできそうな仕上がりを見せた。

 

⑦DSC_0492NBS伊藤高梨岩渕iwase

 

⑤DSC_0230NBS高梨沙羅iwase

同時期に開催されたSBC杯で圧勝、今季も強い髙梨沙羅選手。(写真:岩瀬孝文)

⑥DSC_0227NBS伊藤有希iwase

伊藤有希選手も相変わらず安定したジャンプで2位を確保した。(写真:岩瀬孝文)