競技

2019/02/21

【REPORT 女性アスリートの強化支援 SESSION3】
スロープスタイル・ビッグエア女子選手のための教育プログラム

 

 2月16~19日、群馬県のスノーパーク尾瀬戸倉にて、独立行政法人日本スポーツ振興センター委託事業「女性アスリートの強化支援」(女性アスリートの競技大会等プログラム)の第3回目が開催されました。

 

参加選手・保護者・スタッフ大集合

 

 本事業は、「国際競技力の向上ならびに国内における女子競技者層の拡大に資する競技会・教育プログラムの提供を目的」とし、今年度4回のセッションが行われるうちの第3回目で、全国各地から小学5年~高校1年の11名のスロープスタイル・ビッグエアの女子選手とその保護者が参加しました。参加者数は第2回目までの約半数となりましたが、その分、一人一人にフォーカスした指導が実施されました。

 

レール

ノーズグラブ

 

 

<実施プログラム>

●競技大会

 スロープスタイルとビッグエアの大会を、小中学生クラス、高校生クラスの2つに分けて1戦ずつ開催しました。ビッグエアではスキー場様のご協力で大中小3Wayのキッカーを作っていただき、それぞれのレベルに合わせて演技を行いました。

 

3wayキッカー

ビッグキッカーのジャンプ

SS小中学生クラス表彰

BA小中学生クラス表彰

高校生クラス表彰

 

 

●婦人科講習

「競技力向上をめざす女性アスリートのためのコンディショニング」として、月経周期と向き合ったコンディショニングについて、日本体育大学の須永美歌子氏にご講義いただき、女性特有の身体的・心理的変化の周期を理解してその対策法を学び、個別での相談も受けていただきました。

 

婦人科講習

 

 

●心理講習

 国立スポーツ科学センター(JISS)心理スタッフの千葉陽子氏・真石万衣子氏による講義で、大会などで心の状態をベストに持っていくために、まずは自分の中で何が起こっているのかを細かく振り返り、自身を知るワークなどを行いました。また保護者の個別相談も実施しました。

 

心理講習

 

 

●栄養フィードバック

 ビュッフェ式の朝夕食、メニュー選択式の昼食において、山形県立米沢栄養大学の西田久美子氏より、直接細かな指導を受けました。試合前には何を取ったら良いのか、何を避けた方が良いか、また、三度の食事をきちんと取ること、補食にバナナ、ミカン、牛乳などを取ることで、今まで間食に嗜好品を食べていたものがなくなり、十分なエネルギーをもってしっかりと体を動かすことにつながりました。

 

栄養フィードバック

 

 

●アンチ・ドーピング(アウトリーチ)

 日本ライフル射撃協会の酒寄貴瀬氏、スキーハーフパイプ・ソチ五輪代表の三星マナミ氏にお越しいただき、アンチ・ドーピングの知識学習を受けました。特に小学生においては初めて知ることが多く、今後トップ選手を目指していくにあたり重要なことを知ることができました。

 

アンチ・ドーピング講習

 

 

●テクニカルフィードバック

 ナショナルチームが使用しているものと同じビデオ転送システムを使いながら雪上でも1本1本滑りをチェックし、座学では動作解析の白川尊則スタッフによるビデオフィードバック、ナショナルチームの西田崇コーチ、外部コーチの稲村樹コーチ・長尾茜コーチより、滑走技術において細かくフィードバックを受けました。また大会後にはジャッジ観点からのレビューを中里孝行ヘッドジャッジよりいただきました。

 

テクニカルフィードバック

 

 

●ウォーミングアップ・クールダウン・アライメントチェック・エクササイズ

 フィジカルコーチでもある白川尊則コーチ、菅野千尋コーチ、メディカルトレーナーでもある長尾茜トレーナー、奥井友香トレーナーによる指導とサポートが行われました。【スノーボード・ビッグエア】テクニカルメソッドの資料を基に、滑る前と滑る後のコンディション作りに欠かせないエクササイズを継続的に学びました。

 

エクササイズ:デッドバグ

 

 

<全般>

 今回は第3回目、競技大会形式ということもあり、選手たちにはプログラムと自由時間を組み合わせたスケジュールを組み、クールダウンや各プログラムの振り返りを自主的にマネジメントして実施できるように取り組みました。また、その時間の中で個別フィードバックのブースを構え、自分が足りないと思う部分やもっと学びたいと思う部分を自らが聞きに行くという設えをとりました。トップアスリートを目指していくためには周囲の支援がありながらも、実際は自分自身で考え、行動し、日々昨日の自分を超えていく「自分超え」を積み重ねていく必要があります。本プログラムでも選手たちにその自立のサポートができる形で各プログラムを今後も実施していきたいと思います。

 

長尾コーチのレッスン

 

 

 この度も各関係ご協力者、保護者の皆様のご尽力により充実したプログラムが実施できましたことに深く感謝申し上げます。

 本事業は今年度残すところ第4回目、3月14~17日、猫魔スキー場での開催となりました。この第4回目も2019年のジュニア世界選手権大会の参考大会に位置付けられています。参加者は以下の締め切り日まで募集中です。世界を目指す女子アスリートのご参加をお待ちしております。

 

【お知らせ スノーボード・スロープスタイル/ビッグエア】

「女性アスリートの強化支援」事業参加者募集

 

SESSION4 3月14日~3月17日@星野リゾート猫魔スキー場/募集締め切り 2月28日

 

 

報告/スノーボードSSBAヘッドコーチ 上島しのぶ