教育

2013/03/26

第28回スキーパトロール技術競技大会

会期 2013年3月23日(土)~3月24日(日)
会場 群馬県・スノーパーク尾瀬戸倉
主催 財団法人全日本スキー連盟
主管 財団法人全日本スキー連盟安全対策部
事業の目的 本大会は,年に一度,全国各地で活躍するスキーパトロールが一堂に会し,スキー傷害等が発生した場合に備え,より早く安全に関係機関への引き渡しができる技術を研鑽することにあります。
参加資格 1. SAJ登録会員1級以上で、スキーパトロール活動に従事していること。
2. 傷害保険に加入していること。
チーム 各チームはSAJ加盟団体より推薦された監督1名を含む6名以内で構成する。
携行品 アキヤボートは、各チームで準備する。但し、準備できない場合は事前に大会事務局に連絡する。室内競技で使用するロープ、三角巾は大会本部で準備する。
特典 競技大会参加者は、公認パトロール研修会規程に定める研修会出席と同等の扱いとする。この際、所定の研修会申込み用紙に記入のうえ、研修会参加料を添えて加盟団体経由で申し込むこと。

◆大会組織

大会役員 会長 鈴木 洋一
副会長 吉田 肇 坂本 祐之輔
大会委員長 岡山 紘一郎
大会役員 谷 雅雄 古川 年正 林 辰夫 登山 一成 五十嵐憲雄 増田 千春 矢舩 保夫
組織委員会 委員長 山田 隆
副委員長 片倉 善文 秋元 洋一
委 員 鈴木 恵太 米田 幸雄
地元役員 片品スキークラブ会長 萩原 壮児
尾瀬スノースポーツクラブ会長 萩原 文和
スノーパーク尾瀬戸倉総務部長 小笠原 正広
片品村スキー連絡協議会安全対策部長 星野 登志夫
総務 富樫 泰一
地元協力 片品スキークラブ
群馬県スキー連盟安全対策部
スノーパーク尾瀬戸倉

◆第28回スキーパトロール技術競技大会 日程

○第1日目 3月23日(土)
08:00~10:00 受付 1Fロビー
10:00~11:00 監督会議 2F大広間
10:30~12:00 ボートチェック 乾燥室前
13:00~13:45 開会式 2F大広間
14:30~18:00 室内競技 2F大広間
19:00~21:00 情報交換会 1Fレストラン

○第2日目 3月24日(日)
09:00~09:40 選手インスペクション ダイナミック ビブ着用
09:45~09:55 ジュリーインスペクション ダイナミック
10:00~11:00 アキヤボート搬送競技 ダイナミック
11:30~12:15 チーム総合滑走競技 ダイナミック
13:30~14:15 大会表彰式・閉会式 1Fレストラン

開会式

開会式

選手宣誓 群馬選抜

選手宣誓 群馬選抜

◆参加チーム

 ばんけいスキーパトロール

ばんけいスキーパトロール

青森選抜

青森選抜

宮城選抜

宮城選抜

山形選抜

山形選抜

群馬選抜

群馬選抜

チーム埼玉Ⅱ

チーム埼玉Ⅱ

チーム東京

チーム東京

神奈川

神奈川

石川選抜

石川選抜

平湯温泉スキーパトロールA・B

平湯温泉スキーパトロールA・B

◆室内競技

救助活動等に必要な技術、スピードと正確さを競うロープ操法と指示された部位への迅速で正確な包帯法について競う三角巾包帯法の2種目で行う。

ロープ操法種目

(1) 競技は、1チーム4名で行う。

(2) 指定した結束(1人2種目)を申告した選手順で行う。

(3) タイム計測は、審判長の「始め」の合図から、選手の両足がゴールラインを通過するまでとする。

(4) 得点は、4人の計測タイムに1.5 を乗じた値とペナルティタイムの合計とする。

ペナルティタイム

(1) 未完(誤結束、タイムオーバー、判定基準違反) 失格

(2) 指定条件違反 3秒

ロープ操法種目

ロープ操法種目

審判が判定中(米田審判長、山本審判)

審判が判定中(米田審判長、山本審判)

三角巾包帯法種目

(1) 競技は、1チーム4名のリレー方式で行う。

(2) 指定部位への包帯を申告した選手順で、仮傷病者に行う。

(3) 計測は、審判長の「始め」の合図から、第4競技者の両足がゴールラインを通過するまでとする。

(4) 得点は、4人の計測タイムを2で除した値とペナルティタイムの合計で競う。

ペナルティタイム

(1) 指定種目違反(指定された部位の間違い及び誤った包帯法) 失格

(2) 指定条件違反 3秒

(3) 完成状態(8種目の仕上がりの状態をタイムで評価する)

a) Aランク 0秒

b) Bランク 2秒

c) Cランク 4秒

三角巾包帯法種目

三角巾包帯法種目

審判が判定中(鈴木審判長、保坂審判(写真))

審判が判定中(鈴木審判長、保坂審判(写真))

◆雪上競技

救護活動を想定した、安全かつ迅速な搬送技術を競うアキヤボート搬送とスキー技術とチームワークを競うチーム総合滑降の2種目で行う。

アキヤボート搬送種目

(1) 競技は、1チーム5名(仮傷病者1名を含む)で行う。

(2) 仮傷病者を乗せたアキヤボート(前後2人操作)の2区間リレー搬送方式で行なう。

(3) 第1区間はスタートから交代エリアまで、第2区間は交代エリアから停止エリアまでとする。

(4) 得点は、アキヤボート後方の選手がスタートラインを通過してから、前方の選手がゴールラインを通過するまでの計測タイムとペナルティタイムの合計で競う。

ペナルティタイム

(1) 旗門に接触(接触の程度に関係なく) 5秒

(2) アキヤボートの転覆 10秒

(3) 搬送者の転倒 10秒

(4) 搬送者以外の補助行為 10秒

(5) 交代・停止エリア内で無停止 5秒

平湯温泉スキーパトロールB

平湯温泉スキーパトロールB

チーム東京

チーム東京

神奈川

神奈川

チーム埼玉

チーム埼玉

石川選抜

石川選抜

山形選抜

山形選抜

宮城選抜

宮城選抜

群馬選抜

群馬選抜

ばんけいスキーパトロール

ばんけいスキーパトロール

青森選抜

青森選抜

平湯温泉スキーパトロールA

平湯温泉スキーパトロールA

選手インスペクション中

選手インスペクション中

スタート付近にはアキヤボードが並んでいます

スタート付近にはアキヤボードが並んでいます

前走のスタート準備、アキヤボートに選手が乗ってからスタートします

前走のスタート準備、アキヤボートに選手が乗ってからスタートします

チーム総合滑降種目

(1) 競技は、1チーム4名で行う。

(2) 滑降は、自由演技とする。

(3) 評価の観点は、演技構成・スキー技術・スピード・チームワークとする。

(4) 得点は、500点から5人の審判員の得点を除した値に係数を乗じたものと、ペナルティタイムとの合計とする。係数は監督会議で提示する。

ペナルティタイム

(1) 停止エリア内での無停止 5秒

(2) スキー、ストック、手袋等の脱落 5秒

平湯温泉スキーパトロールA

平湯温泉スキーパトロールA

青森選抜

青森選抜

ばんけいスキーパトロール

ばんけいスキーパトロール

群馬選抜

群馬選抜

宮城選抜

宮城選抜

山形選抜

山形選抜

石川選抜

石川選抜

チーム埼玉Ⅱ

チーム埼玉Ⅱ

神奈川

神奈川

チーム東京

チーム東京

平湯温泉スキーパトロールB

平湯温泉スキーパトロールB

平湯温泉スキーパトロールB

平湯温泉スキーパトロールB

スノーパーク尾瀬戸倉ダイナミックコース

スノーパーク尾瀬戸倉ダイナミックコース

◆表彰

表彰の区分および種類は以下の通りとし、総合は3位まで、種目別は6位まで表彰する。

第28回 スキーパトロール技術競技大会総合成績

閉会式&表彰式

閉会式&表彰式

総合優勝 宮城選抜

総合優勝 宮城選抜

金メダルです

金メダルです

第2位 群馬選抜

第2位 群馬選抜

第3位 平湯温泉スキーパトロールA

第3位 平湯温泉スキーパトロールA