教育

2021/01/20

【お知らせ 教育本部】緊急事態宣言発令に伴う
2021年度各種検定における養成講習会の特例措置について

緊急事態宣言発令に伴う2021年度スキー・スノーボード指導員検定、準指導員検定、パトロール検定における養成講習会の特例措置について下記のとおり特例措置を設けることになりました。

 

 

 

1.養成講習会は中止で養成講習未修了。スキー・スノーボード指導員検定会、
  準指導員検定、パトロール検定会は行われる場合
   →今年度のみコロナ特例で養成講習未修了であっても受検可能。
    その際、スキー指導員検定会、スノーボード指導員検定会、パトロール検定会に
    ついては、加盟団体からコロナで養成講習会中止のため、養成講習未修了で
    あるが受検を特別推薦する文書を、2月9日(火)迄にE-mail(saj-e@ski-japan.or.jp
    でSAJ教育本部長宛に、中止となった養成講習会を明記の上、提出すること
    (対象者リストは不要)。
    当該受検者が合格した場合、養成講習未修了に関わらず合格とする。その際、
    未修了時間を次年度以降の取得義務とするか否かは各加盟団体の任意とする。
    当該受検者が不合格の場合、今年度の修了時間は翌年に持ち越し、未修了時間を
    翌年度にあらためて修了することとする。

 

 

2.養成講習会は中止で養成講習未修了。スキー・スノーボード指導員検定会、
  準指導員検定会、パトロール検定会も中止の場合
   →養成講習会の修了時間は次年度に持ち越し可能、有効年限も1年延長可能。

 

 

3.受講者個人における、コロナ関連での養成講習会への不参加の場合
   →養成講習未修了でも受検可能。
    その際、スキー指導員検定会、スノーボード指導員検定会、パトロール検定会に
    ついては、加盟団体から当該者のコロナ関連での参加困難のため、養成講習未
    修了であるが受検を特別推薦する文書を、2月9日(火)迄にSAJ教育本部長宛に
    対象者リストをE-mailで提出すること。
    その際、未修了時間を次年度以降の取得義務とするか否かは各加盟団体の任意とする。
    養成講習会に参加が出来ない者は、その旨を所属加盟団体に報告し加盟団体長の
    了解を得ること。了解を得た者は、修了時間は来年度に持ち越し、未修了時間を
    翌年度に改めて取得すること。