教育

2015/03/15

第52回全日本スキー技術選手権大会 決勝2(3月15日(日))
~決勝2日目(2種目)終了。 決勝に相応しい天候となり、日本の頂点を目指して選手は自分の力を出し尽くしていった~

■決勝2(3月15日(日))

 

【スタートリスト】

決勝2スタートリスト

※3月15日(日)、決勝4種目目(フリー/急斜面・整地)はスタートリスト通りとなりますが、5種目目(小回り/急斜面・不整地)は、リバーススタート(総合得点の高い選手は後のスタート)となります。

 

最終種目(小回り・急斜面・不整地/兎平):リバーススタートリスト

 

【リザルト】

男子

女子

 

【レポート】

 決勝2日目となった本日、日本の頂点を目指し、選手は日頃の成果を出し切るかのように果敢に攻め、白いキャンバスに自分の思いを描いていった。
多くの応援団、観客も息を沈めスタートを待つ。 BIBコールと同時に盛大なる応援合戦が鳴り響く。
複数回の中断はあったが、選手は精神統一、スタートを待つ。 
結果的に「心・技・体」の三位一体を制したものが勝ち抜け、日本の頂点が決定した。
本年度は、男子では優勝者同点となり、2名(柏木義之選手(新潟県)・丸山貴雄選手(長野県))が頂点に立った。
女子は、佐藤麻子選手(青森県)で昨年度からの連覇となった。 本当におめでとうございます。
選手の皆様、各県関係者、熱い応援をして頂けた応援団・観客の皆様、地元、白馬八方尾根スキースクール、大会運営者の皆様、誰一人欠けては成り立たない大会、感動的な大会を本当にありがとうございました。

今大会でLASTRUNとなった 谷本潤子 選手(秋田県)、佐々木要 選手(北海道) 大変お疲れ様でした。 ありがとうございました。

 

決勝2日目
●フリー/急斜面・整地(ナチュラルを含む)(兎平) 決勝1日目リザルトからのリバーススタート
 男子:柏木義之 選手(新潟県)、丸山貴雄 選手(長野県)、吉岡大輔 選手(新潟県)、佐藤栄一 選手(新潟県)、武田竜 選手(北海道)、水落亮太 選手(新潟県)が種目別同率1位となった。
 女子:佐藤麻子 選手(青森県)が種目別トップとなった。

 

●小回り/急斜面・不整地(兎平) 決勝2日目 1種目目リザルトからのリバーススタート
 男子:渡部浩司 選手(山形県)が種目別トップとなった。
 女子:佐藤麻子 選手(青森県)、金子あゆみ 選手(新潟県)、関塚真美 選手(新潟県)が種目別同率1位となった。

 

≪決勝総合成績≫

男子:
1位タイ 柏木義之 選手(新潟県)
1位タイ 丸山貴雄 選手(長野県)
3位タイ 井山敬介 選手(北海道)
3位タイ 藤井守之 選手(新潟県)

女子:
1位 佐藤麻子 選手(青森県)
2位 春原優衣 選手(長野県)
3位 金子あゆみ 選手(新潟県)

決勝総合 1位タイ フリー・急斜面/兎平
柏木義之 選手(新潟県)

決勝総合 1位 フリー・急斜面/兎平
佐藤麻子 選手(青森県)

決勝総合 1位タイ フリー・急斜面/兎平
丸山貴雄 選手(長野県)

決勝総合 2位 フリー・急斜面/兎平
春原優衣 選手(長野県)

決勝総合 3位タイ フリー・急斜面/兎平
井山敬介 選手(北海道)

決勝総合 3位 フリー・急斜面/兎平
金子あゆみ 選手(新潟県)

決勝総合 3位タイ フリー・急斜面/兎平
藤井守之 選手(新潟県)

ゴール付近 フリー・急斜面/兎平

優勝者(男女)
左:柏木義之 選手(新潟県)
中:佐藤麻子 選手(青森県)
右:丸山貴雄 選手(長野県)

優勝者:柏木義之 選手(新潟県)

優勝:佐藤麻子 選手(青森県)

優勝者:丸山貴雄 選手(長野県)

 

【動画】