競技

2016/03/01

髙梨選手、圧巻のV3 WC73戦で44勝の快挙も

414蔵王女子W杯2高梨iwase

■今やK点越えは当たり前。髙梨選手の進化は止まらない。(写真:岩瀬孝文)

 

 

 ジャンプ女子の髙梨沙羅選手(クラレ)の強さはどうだ。今季はとくにその強さが際立っており、踏切のタイミングが遅れようが、ゲートが2段下がろうが、楽々ライバルたちの飛距離を越えていく。オーストリアのベテラン、イラシュコシュトルツ選手は「沙羅は一体何を食べているの。どんなトレーニングをしているの。一度ゆっくり聞いてみたいわ」とお手上げ状態。とにかく強かった今シーズンの髙梨選手だが、年々確実に進化しているのがすごい。

 

 3月5日・6日、ルシュノブ(ROU)の最終戦がキャンセルになり、ワールドカップ女子は17戦で終了した。20日の男子の最終戦、プラニッツァ(SLO)で男子の総合優勝者とともにクリスタルトロフィーを授与されるが、これでクリスタルトロフィーは3個目。日本選手では、ノルディックコンバインドの荻原健司さんに並んだ。

 

 今の髙梨選手なら、V5、V10も可能で通算勝利数も前人未到の記録になるだろうと各国のコーチも口を揃える。来年の世界選手権大会、そして2018年のオリンピックとも髙梨選手の快進撃に死角はない。

 

2015/2016 FISワールドカップレディース総合成績

順位

選手名

国名

ポイント

備考

1

髙梨 沙羅

JPN

1610

17戦14勝

2

IRASCHKO-STOLZ Daniela

AUT

1139

17戦2勝

3

VTIC Maja

SLO

908

17戦1勝

8

伊藤 有希

JPN

505

17

勢藤 優花

JPN

257

22

岩渕 香里

JPN

191

52

丸山 純

JPN

2