競技

2016/03/04

2016 FISアルペンジュニア世界選手権大会 小山選手、大回転21位もU-18では1位

 DSC00679

 

 

 

アルペンジュニア世界選手権大会は2月25日から2014年オリンピックの開催地、ソチ(RUS)で開催されており、3月3日に行われた男子大回転で小山陽平選手(双葉高等学校)は、「15度と気温が高く、コースは非常に柔らかくて各選手苦戦しながらのレース展開となった。その中でビブナンバー小山37番、松本39番と遅いスタートながら荒れたコースでミスを重ねながらも大健闘した。とくに小山選手は2本目7位のタイムでフィニッシュ、順位は21位だったがU-18の部では1位だった。今大会は1995年~1998年生まれの選手が参加対象になっており、小山選手はその中で一番若い年代での活躍だった」と帯同する岩谷アルペン部長が報告。

 小山選手はユースオリンピック銀メダルに続き大きなタイトルを手にすることができた。なお、リザルツは「2016 FISアルペンジュニア世界選手権大会リザルツ」をご覧ください。