競技

2016/03/24

伊藤有希選手、ファイナルゲームで バッケンレコード145mの締めくくり

DSC_0166iwase勢藤伊藤小林

■ 145mのバッケンレコードで今シーズンを締めくくった伊藤有希選手。(写真:岩瀬孝文)

 

 

シーズンの最後を飾る「伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会」が19日行われ、女子の伊藤有希選手(土屋ホームスキー部)が、2本目に2011年に髙梨沙羅選手(クラレ)のバッケンレコードを4メートルも上回る145メートルの大記録をマークした。今季の伊藤選手は、ワールドカップで2位1回、3位1回と2度表彰台に立ったもののシーズンを通して安定した成績を残せなかった。

 来年の世界選手権大会、2018年のオリンピックを見据えて課題克服というテーマを持ってテストしたシーズンでもあった。前回の世界選手権大会では銀メダルを獲得しており、来年の世界選手権大会も目標は当然メダル獲得。

 145メートルの大ジャンプで、シーズンのモヤモヤは吹っ飛んだか。来季の伊藤選手に注目だ。

 

DSC_0058iwase渡瀬雄太

■渡瀬選手最後の勇姿。(写真:岩瀬孝文)

 

 

ソチオリンピックの代表選手、渡瀬雄太選手(雪印メグミルクスキー部)が、この大会を最後に引退した。