競技

2016/07/27

平成28年度アルペンセミナー 犯罪対策関係講習など初の試みも

 

DSC_1106

 

アルペンチームのコーチ、選手を対象とした「平成28年度アルペンセミナー」が24日、味の素ナショナルトレーニングセンターで行われた。

セミナーにははじめて警視庁から生活安全部サイバー犯罪対策課、組織犯罪対策部組織犯罪対策第三課(暴力団)、同組織犯罪対策第五課(薬物)の各担当者を招き、行動規範、サイバー犯罪、薬物、暴力団、賭博など、具体的な事例を挙げて注意を喚起した。特に、Wi-Fi利用の注意点、SNS、無料通信アプリでのトラブル、相談窓口の紹介など、コーチや選手も利用者が多く身近に起こりうる問題・トラブルについてのセキュリティ対策は大いに参考になった。

また、いちはら病院医院長でつくば膝関節センター長・池田耕太郎氏による「アルペン競技のけが予防・ドーピング講習」、神奈川保健福祉大学の鈴木志保子教授による「スポーツ栄養の基礎知識」、そしてスポーツキャスターである荻原次晴氏による「メディア対応」などの講演が行われ、有意義なセミナーとなった。

岩谷高峰部長、押切敬司強化委員長から強化方針が延べられ、約6時間に及ぶセミナーは終了した。

 

DSC_1085

【岩谷高峰アルペン部長】

DSC_1093

【荻原次晴氏】

DSC_1097

【池田耕太郎 いちはら病院医院長】

DSC_1100

【鈴木志保子 神奈川保健福祉大学教授】

 

 

【セミナー次第】

開会挨拶

岩谷高峰アルペン部長

行動規範・サイバー犯罪・薬物・暴力団・賭博他

警視庁生活安全部サイバー犯罪対策課(SNS)

警視庁組織犯罪対策部組織犯罪対策第三課(暴力団)

警視庁組織犯罪対策部組織犯罪対策第五課(薬物)

・メディア対応

荻原次晴氏

・競技本部長挨拶

成田収平競技本部長

・アルペンスキーの怪我予防・ドーピング講習

池田耕太郎いちはら病院医院長

・スポーツ栄養の基礎知識

鈴木志保子神奈川保健福祉大学教授

・FISコマーシャルマーキング・マーケティングについて

SAJ事務局

・セクションミーティング

・閉会挨拶

児玉 修ヘッドコーチ