競技

2016/12/12

WC男子SL第2戦 湯淺直樹、2シーズンぶりのビッグラン

DSC_0552

 

 

 

 11日、フランスのヴァルディゼールで行われたワールドカップの男子回転第2戦で、湯浅直樹選手(スポーツアルペンスキークラブ)が、ビブナンバー36番から1本目52秒99の好タイムで14位に入り、2本目にはさらに順位を上げて2014年に4位入賞して以来の上位入賞を果たした。

 2015年、2016年と不振で心配されたが、今回の一発は本人ももちろんチームとしても10位という順位以上に示す大きな大きな復活劇となった。

 大会は標高差215メートル、旗門数1本目64(ターニングゲート63)、2本目64(同62)のコースプロフィールで行われ、この種目に絶対的な自信を持つ、クリストファーセン(NOR)が2本目にただ一人52秒台をマークして優勝した。

 また、今季は、河野恭介(野沢温泉SC)、ジュニアの小山陽平(双葉高校)両選手もFISレースで優勝するなど、アルペンチームにとってようやく明るい話題が飛び込んできた。長谷川絵美選手(サンミリオンSC)も大回転第2戦で26位と2本目進出を果たしており、男女チームとも12月のレースで結果を残したのは、2月に開催される世界選手権大会も楽しみになってきた。多くのアルペンファンの皆さん、お待たせしました!