競技

2017/01/30

難産の末の50勝 髙梨沙羅、輝き再び

_G5K1230

 

 

 

 

ワールドカップ日本大会まで6戦5勝、3位1回とまさに快進撃。札幌、蔵王と組まれた4戦で「50勝」は、簡単にクリアすると思っていた。

 

 それが、4戦で優勝なしという信じなられない結果に誰もが声を失った。

 

あの伝説の鳥人、アホネンも、ジャンプの最多勝利数を誇るシュリーレンツァウアーもばったり勝てなくなったことがある。これは頂点に立っている者だけの心の葛藤であり、高いレベルでの悩みで一過性の“不調”でしかない。

 

 そんな髙梨沙羅選手(クラレ)が舞台をルーマニアのルシュノブに移した28日の第11戦。2本目にいい感じのジャンプで98メートルを飛び、優勝できなかったものの絶好調のマーレン・ルンビー(NOR)に9.2ポイント差の2位と立て直してきた。

 迎えた第12戦、目まぐるしく変わる風に苦しむ中、髙梨選手は1本目96メートルでルンビーに次ぐ2番手につけ、2本目に臨んだ。

 

 風が追い風、強い向かい風と荒れて待たされたことで、不安な気持ちを増幅された。スタートの合図が出た時は不利な追い風の時だった。テレビ観戦していた人も「またか?」と思った人も多かったと思うが、ここで髙梨選手はイエロービブの意地を見せてくれた。風邪で揺れる上体を必死で抑えてスキーを引っ張る。K点ラインすれすれでさらに我慢して97.5メートルまで飛距離を伸ばした。そして1本目首位のルンビーを待つ。

 

 絶好調のルンビーだが、めまぐるしく変わる風にややナーバスになっているように感じた。シグナルが青になった瞬間にあわててスタートしように見えた。あせりからか、あわてた様子のルンビーは札幌、蔵王で見せた粘りがなく93メートルでストーンと落ちてしまった。この瞬間、苦しんだ末での50勝が達成された。

 

 「ここへ(ルシュノブ)へ来て最後のジャンプが一番良かった。やっと50勝目が挙げられてホッとしている。支えてくれた皆さん、応援してくれたファンの皆さんに感謝したい」と満面笑顔で一気に語った髙梨選手。

 

 苦しんだ末の優勝、そして50勝目の快挙達成。シュリーレンツァウアー(AUT)の持つジャンプの通算勝利53勝へ向けて再び強い髙梨選手が走り出した。

 

髙梨選手50勝の軌跡

Year

Site

Year

Site

1

2012

Zao(JPN)②

26

 

Sapporo(JPN)②

2

2013

Lillehammer(NOR)

27

Rasnov(ROU)①

3

Ramsau(AUT)

28

Rasnov(ROU)②

4

Schonach(GER)①

29

Rasnov(ROU)②

5

Hinterzarten(GER)②

30

Oslo(NOR)

6

Zao(JPN)①

31

2016

Lillehammer(NOR)

7

Zao(JPN)②

32

Nizny Tagil(RUS)②

8

Ljubno(SLO)①

33

Sapporo(JPN)①

9

Ljubno(SLO)②   Total-1

34

Sapporo(JPN)②

10

2014

Lillehammer(NOR)

35

Zao(JPN)①

11

Hinterzarten(GER)①

36

Zao(JPN)②

12

Hinterzarten(GER)②

37

Oberstdorf(GER)①

13

Chaikovsky(RIS)①

38

Oberstdorf(GER)②

14

Sapporo(JPN)①

39

Oslo(NOR)

15

Sapporo(JPN)②

40

Hinzenbach(AUT)①

16

Zao(JPN)①

41

Hinzenbach(AUT)②

17

Zao(JPN)②

42

Lahti(FIN)

18

Hinzenbach(AUT)①

43

Almaty(KAZ)①

19

Hinzenbach(AUT)②

44

Almaty(KAZ)②  Total-1

20

Rasnov(ROU)①

45

2017

Lillehammer(NOR)①

21

Rasnov(ROU)②

46

Lillehammer(NOR)②

22

Oslo(NOR)

47

Nizhy Tagil(RUS)②

23

Falin(SWE)

48

Oberstdorf(GER)①

24

Planica(SLO)     Total-1

49

Oberstdorf(GER)②

25

2015

Sapporo(JPN)①

50

Rasnov(ROU)② 

注) 2015年のRasnovは2大会4戦開催されているため第2戦が2つあります。

2017シーズンの残りゲーム

 2/15-16  Pyeong Chang(KOR)HS-109×2

 3/11     Oslo(NOR) HS-134(Final)