競技

2017/02/17

第6回スノーボード地域育成選手発掘講習会(HP)報告
『スノーボード競技を通じてスポーツマンシップを学ぶ』

100

 

 

平成29年2月8日(水)~9日(木)の2日間、さっぽろばんけいスキー場で『第6回スノーボード地域育成選手発掘講習会(HP)』が開催され、育成選手3名と各県連より11歳から16歳の地域育成選手7名が参加して行われた。

今回の合宿では、雪上トレーニングに入る前に、テーマである『スノーボード競技を通じてスポーツマンシップを学ぶ』をスローガンに、スノーボードの技術を鍛練するだけではなく、人間力の向上やフェアプレーの精神・スポーツマンシップを学んだ。

ルールを守ることだけでなく、最後まで全力を尽くし、フェアプレーの精神を理解し、相手を尊重する事。スノーボードの環境をより良くする努力をし、社会の一員として責任ある行動を心掛け、常に感謝と喜びの気持ちをもってスノーボードに関わる事。など、比較的低年齢で日本を代表する選手になるであろう選手達にとっては決して早くない内容の講習を行った。

綿谷トレーナーによるウォームアップとクールダウンの講習では、「なぜウォームアップをするか?」と自分のルーティンを作り、習慣化していく事の重要性を学んだ。

雪上トレーニングでは、大会直前という事もあり、各自大会を見据えたトレーニングを行った。

 

 

120

■深澤コーチの『スポーツマンシップとは』の講習に真剣に耳を傾ける選手達

130

■綿谷トレーナーによるウォームアップの講習

140

■国内最大級!ばんけいスキー場のハーフパイプ

150

■多くが苦戦していたコンディションの中、高いエアーを連発していた育成チームの戸塚優斗選手

160

■地域育成選手もレベルアップが見られた

170

■コンディショニングの指導を受ける浅谷純菜選手

180

■瞑想を取り入れる事で精神的なリフレッシュ!

190

■神成トレーナーからケアを受ける戸塚優斗選手

 

 

この度の合宿にあたり、会場を提供して頂いたさっぽろばんけいスキー場様、宿舎のハシモト様、関係者様には、大変お世話になりました。この場を借りまして御礼を申し上げます。有難う御座いました。

また遠方にも関わらず引率してくださった引率責任者の皆様には大変ご苦労をお掛けしますが、今後とも御協力の程何卒宜しくお願い致します

 

報告者:強化委員 山崎 聡