競技

2017/02/27

冬季アジア札幌大会 男女モーグル
村田が復活の金メダル、堀島は成長示す2冠

‘º“cˆ¤—¢ç/Arisa Murata (JPN),  FEBRUARY 26, 2017 - Freestyle Skiing :  Women's Moguls Award ceremony  during the 2017 Sapporo Asian Winter Games  at Bankei Ski Park in Hokkaido, Japan.  (Photo by AFLO SPORT)

写真:アフロスポーツ

 

 

 2014年のソチ五輪で靭帯を断裂する大けがをした村田愛里咲選手(行学学園)。2年以上ゲームから遠ざかっていた。復帰は難しいという声もあったが、地道にリハビリを重ね、昨シーズンから戦いに戻ってきた。

 その村田選手はデュアルモーグルで銀メダルを獲得。小さな体を目いっぱい使った回転の速いターンが炸裂していた。2010年に行われたバンクーバー五輪で8位入賞した当時の滑りが戻っており、強豪、カザフスタンのユリア・ガルシャワと比較しても見劣りしない。

 しかし、会場のさっぽろばんけいは、競技開始前から大雪が降りしきり、ゴール位置からスタートが見えず、審判がジャッジできないことから視界がクリアになるまでスタートが待たされ、メンタル面の影響が心配された。その影響か予選は5位で終わり、ライバルのガルシャワは1位通過と余裕さえ感じられるパーフェクトな滑りを見せた。

 10人によるファイナル1本目、ガルシャワはここでも1位、村田もここは攻めて0.61ポイント差の2位につけた。

 ファイナル2本目に進んだ6選手の内、日本選手は村田、3位通過の伊藤みき(北野建設SC)、6位通過の住吉輝紗良(倶知安高校)の3選手。外国選手はガルシャワのほか2名はオーストラリアの2選手で、同国はオープン参加のためメダル争いには参戦できないため、日本3選手とガルシャワの争いということになった。

 迎えたスーパーファイナルでは、村田選手が滑り・エアともに完璧に決めて79.37のスコアで首位に立ち、ガルシャワを待つ。ガルシャワも攻撃的な滑りを見せてフィニッシュ。どちらが勝ってもおかしくない内容だったが、村田が0.35ポイント上まわり、金メダルか確定した。伊藤選手は銅メダルだった。

 

‘º“cˆ¤—¢ç/Arisa Murata (JPN),  FEBRUARY 26, 2017 - Freestyle Skiing :  Women's Moguls  during the 2017 Sapporo Asian Winter Games  at Bankei Ski Park in Hokkaido, Japan.  (Photo by AFLO SPORT)

写真:アフロスポーツ

 

◆フリースタイル女子モーグル/26日

Rank

Name

Nat

1

 村田 愛里咲  JPN

2

 GALYSHEVA Yuliya  KAZ

3

 伊藤 みき  JPN 

 

 

 デュアルモーグルで金メダルを獲得した堀島行真選手(中京大学)、原大智選手(チームジョックス)の日本勢と、ワールドカップでも活躍するカザフスタンのデミトリー・レイヘルド選手との金メダル争いというのが関係者多くの見方だった。

 予選は予想どおりデミトリー選手が1位、原選手が2位、そして堀島選手は4位通過。そしてファイナル1本目は堀島選手が1位、デミトリー選手が2位と互角の戦いを演じた。スーパーファイナル6名は日本が堀島選手、4位四方元幾選手(愛知工業大学)、6位の原選手、外国勢は韓国2名とデミトリーという顔ぶれでメダル争いが展開された。

 しかし、滑るごとに調子を上げる堀島選手は、韓国、カザフスタンが80点台の高スコアを連発するが動じない。ラストで滑った堀島がエア・滑りともノーミスで、ただ1人90点台を叩き出し、2冠を決めた。

「上位の選手がミスなく攻めていた。それを破ったら大きな自信になる」と競技後に語った堀島選手。続けて「平昌五輪の目標は金メダルです。今のレベルでそれは無理と言われないように、もっと安定した成績を出したい」と結んだ。

 

–x“‡s^/Ikuma Horishima (JPN),  FEBRUARY 26, 2017 - Freestyle Skiing :  Men's Moguls  during the 2017 Sapporo Asian Winter Games  at Bankei Ski Park in Hokkaido, Japan.  (Photo by AFLO SPORT)

写真:アフロスポーツ

 

◆フリースタイル男子モーグル/26日

Rank

Name

Nat

1

 堀島 行真  JPN

2

 CHOI Jae-Woo  KOR

3

 REIKHERD Dmitriy  KAZ