競技

2017/03/17

アルペンスキー ジュニア世界選手権
若月隼太らが健闘も、課題は明確

 アルペンスキー・ジュニア世界選手権がスウェーデンのオーレで行われました。当初出場予定だった小山陽平(双葉高校)は足首のケガのため、安藤麻(東洋大学)はファーイーストカップ参戦のため、このジュニア世界選手権には不参加。日本からは男子3名、女子1名の選手が出場しました。

 10位以内入賞を目標に掲げ、男子スラロームで若月隼太(八海高校)がU18カテゴリーで2位となるなど健闘を見せましたが、男女とも世界トップレベルの選手とは実力の差を感じる結果となりました。一方で今後取り組むべき課題も明確になったので、さらなる強化のスピードアップにつなげていきたいと考えています。

 

(レポート=井上春樹コーチ)

image004

左から松本達希(早稲田大学)、加藤聖五(野沢温泉SC)、若月隼太(八海高校)

image005

男子スラロームで18歳以下のカテゴリーでは、若月隼太が2位に入賞した

 

◆3月12日 女子ジャイアント・スラローム

Rank

Name

Nat

1st run

2nd run

Time

1

PIROVANO Laura

ITA

59.04

59.34

1:58.38

2

LIENSBERGER Katharina

AUT

59.49

59.02

1:58.51

3

MAIR Chiara

AUT

1:00.09

59.44

1:59.53

28

荒井 美桜

JPN

1:01.51

1:01.34

2:02.85

 

 

◆3月13男子ジャイアント・スラローム

Rank

Name

Nat

1st run

2nd run

Time

1

MEILLARD Loic

SUI

1:13.68

1:11.55

2:25.23

2

HAUGAN Timon

NOR

1:14.56

1:11.24

2:25.80

3

GUILLOT Victor

FRA

1:14.06

1:12.05

2:26.11

40

松本 達希

JPN

1:18.12

1:14.73

2:32.85

 

若月 隼太

JPN

Did not finish 2nd run

 

加藤 聖五

JPN

Did not finish 1st run

 

◆3月13女子スラローム

Rank

Name

Nat

1st run

2nd run

Time

1

RAST Camille

SUI

52.24

50.57

1:42.81

2

NULLMEYER Ali

CAN

52.54

50.36

1:42.90

3

MAIR Chiara

AUT

52.16

51.06

1:43.22

 

荒井 美桜

JPN

Did not finish 1st run

 

◆3月14男子スラローム

Rank

Name

Nat

1st run

2nd run

Time

1

PERTL Adrian

AUT

47.54

50.10

1:37.64

2

BRUDEVOLL Bjoem

NOR

46.77

51.03

1:37.80

3

EFIMOV Simon

RUS

47.48

50.78

1:38.26

17

加藤 聖五

JPN

49.77

50.37

1:40.14

25

松本 達希

JPN

50.80

50.86

1:41.66

27

若月 隼太

JPN

51.97

53.17

1:45.14