競技

2017/05/30

アルペンWC開催50周年 記念ビブに日本開催5会場も

 アルペンスキーのワールドカップが1966/1967シーズンにその歴史の幕を開けてから、2016/2017シーズンで記念すべき50周年を迎えた。そもそもワールドカップは、当時、フランスのレキップ紙の記者だったセルジュ・ラング氏がサッカーのワールドカップを参考に提案し、1966年、チリのポルティーヨでの世界選手権開催に合わせて行われたFIS理事会で承認され、翌1966/1967シーズンから実施された。

 

 その記念すべき第1戦はドイツのベルヒテスガーデンで男子スラロームが行われ、オーストリアのハインリッヒ・メスナーが優勝している。ファーストシーズンに総合優勝したのは、男子がフランスのジャン・クロード・キリー、そして女子はカナダのナンシー・グリーンだった。あれから50年、FISはその歴史を記念して写真のビブを作成した。

 

 重厚感あふれるグレーベースのビブに、これまで開催された27か国、187会場の名前がプリントされている。初の日本大会となった1973年の新潟県・苗場スキー場をはじめ、日本で最も多くのレースが開催された北海道・富良野スキー場、長野県・白馬八方尾根スキー場、盛岡・雫石スキー場、長野県・志賀高原の5会場もプリントされている。ビブは先に開催されたFISカレンダーカンファレンスの、アルペンワールドカップ小委員会で関係各国に配布されたもの。

 

DSC_0003

 

 

ワールドカップ日本大会の足跡

年度

会場

実施種目

備考

1973年

苗場スキー場

男女GSL/SL

SLで柏木正義10位初入賞

1975年

苗場スキー場

男女GSL/SL

 

1977年

富良野スキー場

男女GSL/SL

 

1979年

富良野スキー場

男女GSL/SL/PSL

 

1981年

富良野スキー場

男女GSL/SL

 

1983年

富良野スキー場

男女GSL/SL/PSL

 

1985年

富良野スキー場

男子DH/SG

 

1986年

富良野スキー場

女子DH/SG

 

1987年

富良野スキー場

男子DH/SG

DHで相原博之9位入賞

1989年

富良野スキー場

男女GSL/SL

 

志賀高原

男女GSL/SL

 

1991年

富良野スキー場

女子DH/SG

 

雫石スキー場

女子DH/SG

SGキャンセル

1992年

雫石スキー場

男子DH/SG

DHキャンセル

1995年

富良野スキー場

男子GSL/SL

 

1997年

八方尾根スキー場

女子DH×2

 

志賀高原

男子GSL/SL

木村公宣SL4位

2001年

志賀高原

男子GSL/SL

 

2003年

志賀高原

男子GSL/SL

GSLキャンセル

2006年

志賀高原

男子SL×2

佐々木明第1戦2位

2016年

湯沢・苗場スキー場

男子GSL/SL