競技

2017/11/20

【REPORT スキージャンプ・ワールドカップ男子開幕戦】
小林潤志郎が初優勝! 夏の好調を継続

 この週末から、いよいよスキージャンプ・ワールドカップが開幕しました。初戦から日本勢が華々しく躍動。第1戦の団体戦こそ日本チームは5位にとどまりましたが、翌日の個人戦では小林潤志郎選手(雪印メグミルクスキー部)がみごとワールドカップ初優勝を飾りました。サマーグランプリでは優勝も経験している小林選手ですが、これまでのワールドカップ個人戦の最高位は13位。この夏の好調をみごとにシーズン本番につなげ、一気のワールドカップの表彰台の頂点まで駆け上がりました。これによって平昌五輪に向けた男子ジャンプチームの代表争いはますます熾烈になると同時に、新興勢力の台頭によりジャンプチーム全体のレベルアップも期待できるはずです。次戦は11月24日からルカ(フィンランド)で行われます。これからの戦いにもぜひご注目ください。

 

(L-R) Kamil Stoch of Poland second place, Junshiro Kobayashi of Japan first place and Stefan Kraft of Austria, third place pose at the podium after the FIS Ski Jumping World Cup in Wisla, Poland on November 18, 2017. Junshiro Kobayashi of Japan won the competition ahead of Poland's Kamil Stoch (2nd) and Austria's Stefan Kraft (3rd). / AFP PHOTO / JANEK SKARZYNSKI

photo:AFP/アフロ

 

 

◆男子スキージャンプ・ワールドカップ第1戦 団体HS-134/ヴィスワ(ポーランド)/11月18日

順位 国名 1本目 2本目 飛型点 合計
1 NORWAY       1023.8
2 POLAND       1006.5
2 AUSTRIA       1006.5
5

JAPAN

小林 陵侑

伊東 大貴

葛西 紀明

小林 潤志郎

 

119.5m/59.1

119.5m/59.1

121.5m/62.7

127.5m/73.5

 

126.0m/70.8

118.0m/56.4

130.5m/78.9

125.5m/69.9

 

52.5/54.5

53.0/53.0

52.5/48.0

54.5/53.5

983.6

 

 

 

 

 

 

◆男子スキージャンプ・ワールドカップ第2戦 個人HS-134/ヴィスワ(ポーランド)/11月19日

順位 氏名 国名/所属 1本目 2本目 飛型点 合計
1 小林 潤志郎  雪印メグミルクスキー部  124.0m/67.2 126.5m/71.7   54.5/54.5 260.5 
Kamil STOCH POL  121.0m/61.8 129.5m/77.1   55.0/57.5 258.2 
3 Stefan KRAFT  AUT   126.5m/71.7 124.5m/68.1   54.5/54.5 257.7 
26  小林 陵侑  土屋ホームスキー部  112.5m/46.5  120.5m/60.9   50.0/52.0 222.9 
29 伊東 大貴  雪印メグミルクスキー部  119.0m/58.2  126.0m/70.8   54.0/33.0 219.5 
31 葛西 紀明 土屋ホームスキー部 114.5m/50.1   51.0 104.7