競技

2017/12/26

【REPORT 第3次スノーボード(スノーボードクロス)遠征】
SBXワールドカップ3連戦報告

11月17日から12月24日の期間で、フランス、オーストリア、イタリアで開催されたワールドカップ3連戦へ参加する遠征を行いました。参加メンバーは桃野慎也選手(ウィンコーポレーション)、高原宜希選手(中京大学)、手計岳隆選手(日本体育大学)の3選手で、高原選手と手計選手にとっては初めてのワールドカップ参戦となりました。

 

遠征メンバー集合写真

 

ジムでのエクササイズ

 

 

 

 

11月17日から12月8日までは、ワールドカップ前の最終調整とし て、オーストリア・ピッツタルスキー場にてフリーランやクロスコース練習をおこない各選手の課題へ取り組み、成果を上げました。

12月12日より、フランス・バルトランスワールドカップを皮切りにオーストリア・モンタフォン、イタリア・チェルビニアワールドカップと参戦しました。

 

 

高原宜希選手バルトランス大会予選

■高原宜希選手

 

手計岳隆選手ヨーロッパカップ予選 (2)

■手計岳隆選手

 

桃野慎也選手チェルビニア大会予選

■桃野慎也選手

 

「ワールドカップ競技結果」

フランス大会 桃野慎也選手 47位 高原宜希選手 69位

オーストリア大会 桃野慎也選手 45位 高原宜希選手 69位

イタリア大会  桃野慎也選手 48位 高原宜希選手 61位

手計岳隆選手については怪我の為、ワールドカップ欠場。

 

「ヨーロッパカップ、ジュニアレース競技結果」

ヨーロッパカップ 第1戦 手計岳隆選手 43位 桃野慎也選手60位 高原宜希選手 97位

ヨーロッパカップ第2戦 高原宜希選手 33位 手計岳隆選手 49位

ジュニアレース第1戦 高原宜希選手 1位  

ジュニアレース第2戦 高原宜希選手 7位

 

高原宜希選手Jrレース優勝

 

ワールドカップの結果として、大変厳しいものとなりましたが、3選手は現在までの取り組みの手応えと今後へ向けての多くの課題を得て、パフォーマンスを改善する為の取り組みを開始しました。

1月のトルコ、ブルガリア、ドイツワールドカップ、その先の世界大会へ向けて、各選手は自身のパフォーマンスを向上させることに尽力いたします。

 

 

報告:スノーボードクロスコーチ 押田考史