競技

2018/03/12

【REPORT 第13回スノーボード競技HPタレント発掘育成事業合宿
第9回スノーボード地域育成選手発掘講習会HP】
国内最高の施設でのトレーニング

 

10合宿参加者

 

 

 2018年2月25日から27日の日程で、岐阜県の高鷲スノーパークにて第13回スノーボード競技HPタレント発掘育成事業合宿と第9回スノーボード地域育成選手発掘講習会HPを開催し、強化指定選手3名と地域育成選手8名のジュニア世代の選手が参加しました。

 

 

会場の高鷲スノーパーク

浅谷純菜選手(関東スノーボードクラブ)のFSAIR

 

 

 高鷲スノーパークのスーパーパイプは世界でもトップレベルの形状のパイプで、今季の全日本選手権の会場にもなっており、最高の施設で選手たちはトレーニングに励みました。雪上トレーニングでは選手達は新しい技にトライしたり、高さを出したりと積極的なチャレンジを見せました。また、講習ではウォーミングアップとクールダウンの基礎の確認や、メディアトレーニングの一環としてスピーチを行いました。

 

 

秋山トレーナーによる実践講習、ウォーミングアップ

神戸コーチによる全体指導

 

 

 本格的なシーズンも1ヶ月を残すのみとなりましたが、次世代の選手たちの活躍を期待できる内容の合宿となりました。また、本合宿開催にあたりご協力頂いた会場の高鷲スノーパークと整備スタッフに、この場をお借りして御礼申し上げます。

 

報告:ハーフパイプコーチ 深澤健悟

 

中川海秀選手(新日本スキー研究会)のFS 540

 

強化指定選手によるスピーチ