競技

2018/03/29

【シーズン報告/ノルディックコンバインド】
渡部暁斗が初のワールドカップ総合優勝を達成!

 2017/2018シーズンのFISワールドカップのサーキットもすべて終了。今シーズンのSNOW JAPANの活躍を振り返ります。

 

_OLK0312

 

 

 ノルディックコンバインドでは渡部暁斗選手(北野建設スキークラブ)が自身初のワールドカップ総合優勝を達成。過去6シーズンにわたって、個人総合で3位以内をキープしている渡部選手にとって、悲願のクリスタルトロフィー獲得となりました。

 同競技では日本人歴代シーズン最多となる8勝を記録し、シーズンをとおして安定した力を発揮。平昌オリンピックでもメダルを争ったライバルたちをシーズン終盤で引き離し、日本人では荻原健司氏以来、23年ぶりの偉業達成となりました。

 

●FISノルディックコンバインド・ワールドカップ個人総合順位

順位 氏名 国名 ポイント
1 渡部 暁斗 北野建設スキークラブ 1495
2 Jan SCHMID NOR 1133
3 Fabian RIESSLE GER 1087
20 山元 豪 ダイチ株式会社 261
21 渡部 善斗 北野建設スキークラブ 239
33 永井 秀昭 岐阜日野自動車スキー部 114
35 渡部 剛弘 ガリウムスキークラブ 87
37 加藤 大平 サッポロノルディックスキークラブ 81
48 清水 亜久里 ユーグレナスキー部 26
50 曽根原 郷 東京美装グループスキー部 23
58 中村 優斗 明治大学 13
66 永峯 寿樹 明治大学 6
73 傳田 英郁 飯山高校 1

 

 

_OLK0850

 

_OLK5561

 

 また、渡部選手は今シーズンのFIS(国際スキー連盟)ノルディックコンバインドの最優秀選手に選ばれました。この賞は10カ国のメディア関係者の投票によって選出されるもの。渡部選手が名実ともにこの競技のトップアスリートであることの証明と言えるでしょう。

 

 渡部選手のほかにも、今季ひと桁順位を記録するなど大きく躍進を遂げた山元豪選手(ダイチ株式会社)が総合で20位、渡部善斗選手(北野建設スキークラブ)が21位になり、チーム力も高まってきています。

 来シーズンもSNOW JAPANノルディックコンバインドチームへのご声援をお願いいたします。

 

18.03.2018, Klingenthal, Germany (GER): Akito Watabe (JPN) - FIS world cup nordic combined, individual gundersen HS140/10km, Klingenthal (GER). www.nordicfocus.com. © Volk/NordicFocus. Every downloaded picture is fee-liable.