競技

2018/04/06

【シーズン報告/スキージャンプ】
髙梨沙羅が銅メダル獲得&個人最多勝利数を更新!

 2017/2018シーズンのFISワールドカップのサーキットもすべて終了。今シーズンのSNOW JAPANの活躍を振り返ります。

 

 

Sara Takanashi from Japan competes during her trial jump of the ski jumping World Cup Ladies competition in Oberstdorf, southern Germany, on March 24, 2018.  / AFP PHOTO / CHRISTOF STACHE

髙梨沙羅選手(写真:AFP/アフロ)

 

 

 スキージャンプでは偉大な記録が生まれました。昨シーズン終了時点でFISワールドカップ・スキージャンプ競技における男女を通じた個人最多通算勝利数に並んでいた髙梨沙羅選手(クラレ)が、シーズン終盤の3月に54勝目を挙げ新記録を達成。さらに記録を55勝まで伸ばしてシーズンを終えました。

 今シーズンは序盤から海外勢が無類の強さを誇っていたこともあり、新記録に王手をかけてから1年以上もの間、勝利から遠ざかっていましたが、シーズンの最後で昨季までの王者の意地を見せてくれました。

 

 2月に行われた平昌オリンピックでは、想像を絶するプレッシャーにさらされながら女子ノーマルヒルで銅メダルを獲得。目標としていた金メダルには届きませんでしたが、表彰台では笑顔を見せてくれました。酸いも甘いもかみ分けた今シーズンが、髙梨選手をさらに強くしてくれるものと願っています。

 

 

Medals Ceremony - Ski Jumping - Pyeongchang 2018 Winter Olympics - Women's Normal Hill Individual - Medals Plaza - Pyeongchang, South Korea - February 13, 2018 - Bronze medalist Sara Takanashi of Japan on the podium. REUTERS/Eric Gaillard

髙梨沙羅選手(写真:ロイター/アフロ)

 

 

 

●FISスキージャンプ・ワールドカップ女子総合順位

順位 氏名 国名 ポイント
1 Maren LUNDBY NOR 1340
2 Katharina ALTHAUS GER 928
3 髙梨 沙羅 クラレ 916
4 伊藤 有希 土屋ホームスキー部 661
13 勢藤 優花 北海道ハイテクアスリートクラブ 275
16 岩渕 香里 北野建設スキークラブ 243
39 岩佐 明香 日本大学 27
42 茂野 美咲 CHINTAIスキークラブ 21
50 小林 諭果 CHINTAIスキークラブ 4

 

 

 

(L-R) Kamil Stoch of Poland second place, Junshiro Kobayashi of Japan first place and Stefan Kraft of Austria, third place pose at the podium after the FIS Ski Jumping World Cup in Wisla, Poland on November 18, 2017. Junshiro Kobayashi of Japan won the competition ahead of Poland's Kamil Stoch (2nd) and Austria's Stefan Kraft (3rd). / AFP PHOTO / JANEK SKARZYNSKI

小林潤志郎選手(中央、写真:AFP/アフロ)

 

 

 一方、男子では頼もしい若手の成長が見られました。昨年11月のFISワールドカップ開幕戦では、小林潤志郎選手(雪印メグミルクスキー部)が自身初優勝を記録。シーズンでも安定した力を発揮して個人総合11位にランクインし、次代の日本チームのエースとして大々的に名乗りを挙げました。

 また、潤志郎選手の弟・陵侑選手(土屋ホームスキー部)も躍進を遂げました。大きなきっかけとなったのが、2月の平昌オリンピック。男子ノーマルヒル個人で7位入賞を果たすなどエース級の活躍を見せ、ワールドカップ終盤戦にもその好調ぶりを持ち込みました。

 小林兄弟がツートップで日本男子チームを牽引してくれるようになれば、さらに全体のレベルアップが図られるはず。来季のさらなる成長に期待したいところです。

 

 

PYEONGCHANG,SOUTH KOREA.10.FEB.18 - OLYMPICS, NORDIC SKIING, SKI JUMPING - Olympic Winter Games PyeongChang 2018, normal hill. Image shows Ryoyu Kobayashi (JPN). Photo: GEPA pictures/ Matic Klansek

小林陵侑選手(写真:アフロ)

 

 

●FISスキージャンプ・ワールドカップ男子総合順位

順位 氏名 国名 ポイント
1 Kamil STOCH POL 1443
2 Richard FREITAG GER 1070
3 Daniel Andre TANDE NOR 985
11 小林 潤志郎 雪印メグミルクスキー部 568
24 小林 陵侑 土屋ホームスキー部 187
26 葛西 紀明 土屋ホームスキー部 164
31 竹内 択 北野建設スキークラブ 89
45 佐藤 幸椰 雪印メグミルクスキー部 41
63 伊東 大貴 雪印メグミルクスキー部 8
69 中村 直幹 東海大学 2