競技

2018/10/15

【REPORT 女性アスリートの強化支援 SESSION1】
スロープスタイル・ビッグエア女子選手のための教育プログラム

 9月21~24日、富山県の富山キングスにて、独立行政法人日本スポーツ振興センター委託事業「女性アスリートの強化支援」(女性アスリートの競技大会等プログラム)の第1回目が開催されました。

 

 

富山キングスのキッカーで練習

 

 

 本事業は、「若年化している日本のスノーボード・スロープスタイル/ビッグエアにおいて、成⻑期の女性アスリートが抱える女性特有の課題に関する正しい知識を得ることにより、課題解決に必要な体制を整備し、国際競技力の向上ならびに国内における女子競技者層の拡大に資する競技会・教育プログラムの提供を目的」としており、北海道から九州まで全国各地から18名の女子選手とその保護者が参加しました。

 

 

たまたま会場にいた藤森由香さんからメッセージをいただきました!

 

 

 期間中、様々なプログラムが開催され、参加選手たちと保護者の皆さんには、座学講習で正しい知識を得ていただき、実技講習ではその実践をして、たくさんのことを吸収していただきました。3日間、エアマットによるジャンプ練習を行ないましたが、日に日に求められている姿勢が身につき、参加選手の皆さんの大きな変化を見ることができました。

 

 

<実施プログラム>

●ジャンプトレーニング

ジャンプ練習:抜けの姿勢をとことん練習

スタート前のアドバイス

 

 

●バイオメカニクス講習

 

●動作分析フィードバック

iPadで転送映像をチェック

1本1本滑りをチェック

 

 

●成長期の外傷・障害講習

●アライメントチェック

アライメントチェック

 

●ウォーミングアップエクササイズ

ジャンプ練習前のウォームアップ

 

 

●傷害予防・動作機能改善エクササイズ

●アスリートの栄養・食事の基本講習

 

●トップアスリート講和

トプアスリート講話

 

 

 プログラム後のアンケートの中では、充実した取り組みを評価していただいた一方、もっとこうあった方が良いのでは、などの様々な声もいただきました。本事業は今年度あと3回開催されるため、次回に向けてよりプログラムを充実させ、選手の皆さんの成長の支えとなる事業にしていきたいと思います。

 

 

合宿で練習に来ていた鬼塚雅選手からサインをもらう

 

 

 またこの度は、たくさんの外部講師の方々にもお手伝いいただき、この事業を実施することができました。様々なご支援の下、この事業を実施できたことにあらためて感謝申し上げます。さらに、参加選手を側面より支えていただいた保護者の皆様にも深く感謝申し上げたいと思います。

 

 

岩渕麗楽選手・村瀬心椛選手・広野あさみさんと

 

 

 次回の本事業SESSION2は、11月29日~12月2日、宮城県の東北クエストにて実施されます。ここではミドルキッカーのアプローチに雪つけを行なって、ジャンプ練習を実施する予定となります。またキラキラした顔の女子選手達に会えることを楽しみにしながら準備を進めて参ります。参加者は以下の締め切り日まで募集中です。

 

【お知らせ スノーボード・スロープスタイル/ビッグエア】

「女性アスリートの強化支援」事業参加者募集

 

SESSION2 11月29日~12月2日@東北クエスト/募集締め切り 11月15日

SESSION3 2月16日~2月19日@スノーパーク尾瀬戸倉/募集締め切り 2月2日

SESSION4 3月14日~3月17日@星野リゾート猫魔スキー場/募集締め切り 2月28日

 

報告/スノーボードSSBAヘッドコーチ 上島しのぶ