競技

2013/12/24

NCワールドカップ報告
渡部暁斗選手、表彰台連発

21日、22日、ドイツのショーナッハで行われたノルディックコンバインドのワールドカップ第5戦、第6戦で日本のエース、渡部暁斗選手(北野建設スキークラブ)は2戦とも3位に入賞、依然好調を保っている。

 

渡部選手はこれで、今季開幕から個人戦6戦中4戦で表彰台に立ち、表彰台を外した2戦も5位、7位と大きな失敗にはなっていない。今回の6戦目は、優勝したラミーシャプイ(FRA)に+1.1という僅差の3位でクロスカントリーで追い切れなかったものの素晴らしい内容だった。

 

レースが進むにつれてどんどん調子を上げるタイプの渡部選手だけに、ソチオリンピックの表彰台もグーン身近なものになってきた。今後の活躍に注目!

 

成績については「重要なお知らせ」のFIS World Cup Resultsをご覧ください。

 

ショーナッハで行なわれた第5戦。クロスカントリーで積極的な走りを見せる渡部選手(先頭)

ショーナッハで行なわれた第5戦。クロスカントリーで積極的な走りを見せる渡部選手(先頭)

表彰台がすっかり似合うようになった

表彰台がすっかり似合うようになった

第6戦でも3位に入り、今季個人戦4回目の表彰台となった

第6戦でも3位に入り、今季個人戦4回目の表彰台となった