競技

2013/12/09

ノルディックコンバインド報告
渡部暁斗、団体3位に次ぎ個人戦2位

ノルディックコンバインドの渡部暁斗選手(北野建設スキークラブ)がワールドカップのスタートから猛烈なダッシュ!

 

12月1日(Kuusamo)に行われた団体戦で3位の後、7日のリレハンメル(NOR)で行われた個人戦で、渡部暁斗選手は、ジャンプで3位、ラップとのタイム差26秒と好位置につけ、後半のクロスカントリーでは2周目にトップ争いに加わった。最後で優勝したフランスのラミーシャプイに突き放されたものの2位を確保、風が強くハードなコンディションだったがエースの意地を見せてくれた。

 

翌8日に行われた個人第3戦でもジャンプ6位、クロスカントリー6位と安定した成績で3位と団体戦を含めて3戦連続表彰台に立った。

 

■2nd Gundersen/10km 12/7 Lillehammer(NOR)

Rank Name Nat Jumping Cross-Country Behind
1 LAMY CHAPPUIS Jason FRA 120.6/2 26:37.2/15 26:45.2
2 渡部 暁斗 JPN 116.1/3 26:32.7/14 +13.5
3 KOKSLIEN Mikko NOR 97.7/28 25:23.5/1 +18.3
21 永井 秀昭 JPN 98.8/26 26:43.5/19 +1:33.3
25 渡部 善斗 JPN 104.5/14 27:26.2/34 +1:53.0
38 渡部 剛弘 JPN 105.2/13 28:20.0/56 +2:44.8
44 加藤 大平 JPN 91.2/48 27:38.8/39 +2:59.6
54 湊 祐介 JPN 88.6/56 28:12.4/50 +3:43.2

 

■3rd Gundersen/10km 12/8 Lillehammer(NOR)

Rank Name Nat Jumping Cross-Country Behind
1 FRENZEL Eric GER 138.0/2 29:21.7/4 29:27.7
2 KROG Magnus NOR 127.8/4 29:32.7/8 +52.0
3 渡部 暁斗 JPN 125.6/6 29:24.3/6 +52.6
15 渡部 善斗 JPN 114.2/20 30:08.7/16 +2:22.0
23 加藤 大平 JPN 112.4/25 30:33.4/22 +2:53.7
27 永井 秀昭 JPN 108.1/32 30:17.4/20 +2:55.7
30 山元 駿 JPN 113.1/24 31:00.0/32 +3:18.3
45 渡部 剛弘 JPN 82.1/48 31:52.1/40 +6:14.4

 

ジャンプで好位置につけた渡部暁斗選手はクロスカントリーで猛烈な追い上げを見せ2位へ。写真中央が渡部選手(写真:岩瀬孝文)

ジャンプで好位置につけた渡部暁斗選手はクロスカントリーで猛烈な追い上げを見せ2位へ。写真中央が渡部選手(写真:岩瀬孝文)

ワールドカップ開幕からダッシュを見せる好調、渡部暁斗選手。(写真:岩瀬孝文)

ワールドカップ開幕からダッシュを見せる好調、渡部暁斗選手。(写真:岩瀬孝文)