競技

2016/01/19

第4次スノーボードAL男女遠征報告
FISレースKreischberg大会参戦

1 (1024x768)

■Lachtalでトレーニング 斯波正樹

 

 

第4次スノーボードAL遠征、Bad Gasteinワールドカップを終え、Roglaワールドカップ参戦までLachtal(AUT)にてトレーニングを行っています。

 

2 (1024x768)

■世界的に雪不足のなか毎日コンディションが良くなる環境でトレーニングができました

3 (1024x768)

■Kreischberg バーンコンディションはWCよりもアイスバーンに整備されています

 

トレーニングウィーク中ですが、隣のKreischbergで開催されたFISレースに試合経験、実戦でのトレーニングを目的として参戦しました。ワールドカップの間の大会ということもあってヨーロッパカップと同様の内容の濃いレースになり、試合結果も含め充実した2日間でした。

4 (1024x768)

■難易度の高いテクニカルなコース

 

1月16日PGS  斯波 正樹 4位、川口 晃平 18位、家根谷 依里 7位

1月17日PGS 斯波 正樹 9位、川口 晃平 10位、家根谷 依里 4位

 

5 (1024x768)

■16日4位の斯波 正樹

6 (1024x768)

■17日4位の家根谷 依里

 

16日のレースを終え課題は予選2本揃えることが重要で、ワールドカップでも同じことなので対策を考え17日のレースに挑みました。斯波、家根谷が予選1本目ラップタイムで2本目進み両選手予選1位通過しました。チームとしてワールドカップで勝つためには予選2本の大切さと順位を何処の位置につけておくことがベストなのかを経験できた大会となりました。次のRoglaで開催されるワールドカップに調整し参戦いたします。

 

報告者:SBALコーチ 後藤夏樹