総務

2013/11/05

暴力行為等根絶について

スポーツ界における暴力行為などの憂える事象に対し、(公財)全日本スキー連盟としても、特に、オリンピックを控える今、改めて周知徹底をするものです。

暴力行為は、スポーツそのものを否定するものであります。世界で戦う選手はもとより、未来ある子供たちにとっても大きな問題です。その将来、選手を目指す子供たちの夢や希望を奪ってしまうのが暴力です。

どのような理由があれ、身体的・精神的暴力行為、アンチドーピングおよび薬物乱用、セクハラなどは決して許されるものではありません。

ガイドラインを示し、スキー界の末端に至るまで暴力行為根絶に向けた決意を表明するものです。

詳しくはこちら